フォトギャラリー

11月8日(水) ふれあい動物園

<乳児>
つるかわ保育園に今年もふれあい動物園がやってきました!楽しみにしていた動物とのふれあい。乳児クラスのお友だちは最初どきどきしていたり、大きなヤギや羊にびっくりしている子もいましたが、ポニーに乗ってみたり、お友だちが触っているのを見ているうちに少しづつ慣れ実際に触ってみる姿が見られました。そんな中で慣れた様子のもも組さん。積極的に怖がることなくモルモット、ウサギ、ひよこを抱きかかえカゴに移している姿を見て逞しさも感じる程でした。羊が「モオ~!」と鳴くと一緒に「モオ~」と動物たちの鳴きまねをする可愛らしい姿も見られましたよ。(鳴き声が何とも言えない…牛のような鳴き声でした。)コロナ渦で入場制限やふれあい広場がない動物園もある中、こうして子どもたちが身近に動物と触れ合える貴重な機会を作ってくださった父母の会の方々、ありがとうございました。

<幼児>
園庭に動物がやってくると部屋の窓に顔をつけ、「ポニーが歩いてきた!」「あの動物はなんだろう?」と動物と触れ合えることを楽しみに見ていました。園庭へ出るとすぐに「かわいい~♡」という声がたくさん聞かれ、動物園の方の説明を聞くときには気を付ける事を聞き「はーい!」と元気に返事をしていましたよ。エサをあげていたお友だちは「ぼくの食べた!」ととても嬉しそうに担任に話していました。羊はお腹がすいていたようで、ものすごい勢いでエサを欲しがりました。あまりの勢いに押され後ずさりしながら「すんごい食べるね!」とびっくりしていました。うさぎを撫でていたお友だちは、うさぎの目がトロンとしているように見えたようで「眠いのかも」と優しく寝かしつけをしていました。数日前からお部屋に貼っていた動物の触り方や名前をよく読んでいて、「サムソン乗るのこれで2回目なんだ!」とポニーと呼ぶのではなく、名前で呼んでいるお友だちもいました。そして一番びっくりしたことは、チャボとあひるがたまごを産んだのです!産んだたまごを触らせてもらうと「あったかいね」と初めての体験をさせて頂きました。あひるを抱いたお友だちは「おなかがふわふわだった~!」と嬉しそうに話していました。穏やかな動物たちに子どもたちも癒されたようでした。

拡大写真はこちら
申し訳ありませんが、拡大写真はプライバシーの考えから在園児のご家庭のみの公開とさせていただいております。
専用のIDとパスワードが必要になります。

つるかわ保育園
〒195-0062
東京都町田市大蔵町2177-2
TEL:042-735-5562
FAX:042-735-6297
メールはこちら